2013年09月28日

「エデンの東」 聖書の新解釈より


先日ご紹介した「霊性の時代の夜明け」さまから、また面白い記事を発見しましたのでご紹介します。
私は以前からカインとアベルの話に不可解なものを感じていましたが、この記事を読んで非常に納得ができ、目からウロコが落ちる思いでした。


霊性の時代の夜明け さまより転載

聖書の新解釈よりエデンの東


さて、アダムは妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、「私は主によって男子を得た」と言った。彼女はまたその弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。時を経て、カインは土の実りを主のもとに献げ物として持って来た。アベルは羊の群れの中から肥えた初子(ういご)を持って来た。主はアベルとその献げ物に目を留められたが、カインとその献げ物には目を留められなかった。カインは激しく怒って顔を伏せた。

主はカインに言われた。
「どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」
カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した。
主はカインに言われた。
「お前の弟アベルはどこにいるのか。」
カインは答えた。
「知りません。わたしは弟の番人でしょうか。」
主は言われた。
「何ということをしたのか。お前の弟の血が土の中からわたしに向かって叫んでいる。今、お前は呪われる者となった。お前が流した弟の血を、口をあけて飲み込んだ土よりもなお、呪われる。土を耕しても、土はもはやお前のために作物を産み出すことはない。お前は地上をさまよい、さすらう者となる。」

カインは主に言った。
「私の罪は重すぎて負いきれません。今日、あなたが私をこの土地から追放なさり、わたしが御顔から隠されて、地上をさまよい、さすらう者となってしまえば、私に出会う者はだれであれ、私を殺すでしょう。」
主はカインに言われた。
「いや、それゆえカインを殺すものは、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう。」
主はカインに出会うものがだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられた。カインは主の前を去り、エデンの東、ノド(さすらい)の地に住んだ。

日本聖書協会 新共同訳聖書 創世記4章1−16節

------------------------------------------------------------


50年程前、『エデンの東』という映画がありました。若くして死んだ青年俳優ジェームス・ディーンの名と共に覚えていらっしゃる年配の方も多いのではないでしょうか。その「エデンの東」という題名は、この聖書の物語から取られています。
 


続きを読む
posted by バルちゃん at 04:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月27日

3DCG映画 『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』 感想 レビュー







 3D-フルCG映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を観てきました。生まれて初めての3D映画鑑賞です。

 最近、松本零士氏のアニメ作品をいくつも見直していましたが、ハーロックの映画化の話を知った時に、おそらく特別な意味を持った作品になるだろうと直観し、密かに期待しながら見に行きました。。 結果は期待に違わない、いや、ある意味それ以上だったと言えるかもしれません。

 壮麗なフルCG画面、迫力ある3D映像!。にもかかわらず往年のファンの方々にはきっとご不満の方も多いのではないかと思います。なぜならこのキャプテンハーロックはあらゆる意味において過去の作品のイメージを覆してあまりある作品となっていたからです。ですが、この作品には現代におけるさまざまな事柄に対する貴重なメッセージが多々含まれていると感じましたし、その点においては非常に価値のある内容だったように思います。

 この映画には色々な象徴が込められていると思いますが、現時点で気がついた事を二つ三つ書き留めてみたいと思います。

 なお、このレビューはあくまで個人的な感想を綴ったものに過ぎませんので、未熟な部分等ありましたらどうかお許しください。

 最近の松本作品には「ガイア」、すなわち地球生命、地球意識をテーマにしたものが多いと思います。そして、今この時代において人類が向き合うべき最も重要なテーマの一つはガイアについてだと思いますが、松本先生の作品は近年に近づくにつれて作品の中でガイアについて描かれた部分が大きくなっているのはさすがだと思います。

 ところで、この映画では宇宙には人類以外には知的生命体がほとんど存在しないという設定になっています。おそらく事実は違うと思いますし、過去の松本作品の世界観とも大きく異なっていますが、ここはその食い違いに囚われてしまってはいけないのだろうと思います。
 
  設定に矛盾があることなどおそらく原作者の松本先生ご自身が一番よくご存知でしょう。にもかかわらずあえてそうした設定を使ってきたということは、おそらくその裏に何か重要なメッセージが隠されているのではないかと思います。

 ですので、取りあえずは「そうした設定の中でこの映画のような状況が生じた場合にどう考えるか」という一つのケーススタディとして考察してみたいと思います。

 そうすることで逆に物語の場面と現実の世界の出来事が相似形として理解しやすくなるケースも出てくるのではないでしょうか。

 ※ご注意

 以下の内容は基本的にネタバレ有りで書かせて頂く形になると思いますのでご了承ください。



続きを読む
posted by バルちゃん at 12:16 | TrackBack(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

魂のインターネット 「あとがき」


たいへん面白いサイトを見つけましたのでご紹介します。
いきなり「あとがき」からご紹介するのも変な感じですが、ご著者の主張を最も端的に表しているように感じましたので…。
全文は下記リンク先の元サイト様からご覧ください。


霊性の時代の夜明け さまより転載

魂のインターネット(G) 「あとがき」


今から45年ほど前、私が24歳の誕生日を迎える直前の秋のことです。勤めていた会社の勤務を終わって独身寮に帰り、寝転がってぼんやりしていた私は突然、自分の体の中に宇宙があるという幻覚を見たのでした。私の腹の中あたりに、真っ暗な広々とした空間があり、その中を太陽系が百科事典の挿絵にあるような姿で静々と運行していました。

それはおそらく1秒にも満たない短い時間だったと思います。けれどもその一瞬の幻は、私の心の中に大きな変化を引き起こしました。私はそのとき、宇宙というのはそれ自体が一つの生き物なのだと感じたのです。それは巨大な巨大な意識体であって、その中心には強力な意識が銀河系の中心のように強烈な光を放って輝いています。それが神だと思いました。人間はその巨大な意識体の表面にある小さな突起のような部分的意識です。それは本質的には宇宙という巨大な意識の一部であるけれども、本体の方とのつながりが何かの理由で遮断されているために、自分を孤立した存在だと感じているのです。


続きを読む
posted by バルちゃん at 05:26 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。