2013年09月28日

「エデンの東」 聖書の新解釈より


先日ご紹介した「霊性の時代の夜明け」さまから、また面白い記事を発見しましたのでご紹介します。
私は以前からカインとアベルの話に不可解なものを感じていましたが、この記事を読んで非常に納得ができ、目からウロコが落ちる思いでした。


霊性の時代の夜明け さまより転載

聖書の新解釈よりエデンの東


さて、アダムは妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、「私は主によって男子を得た」と言った。彼女はまたその弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。時を経て、カインは土の実りを主のもとに献げ物として持って来た。アベルは羊の群れの中から肥えた初子(ういご)を持って来た。主はアベルとその献げ物に目を留められたが、カインとその献げ物には目を留められなかった。カインは激しく怒って顔を伏せた。

主はカインに言われた。
「どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。」
カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した。
主はカインに言われた。
「お前の弟アベルはどこにいるのか。」
カインは答えた。
「知りません。わたしは弟の番人でしょうか。」
主は言われた。
「何ということをしたのか。お前の弟の血が土の中からわたしに向かって叫んでいる。今、お前は呪われる者となった。お前が流した弟の血を、口をあけて飲み込んだ土よりもなお、呪われる。土を耕しても、土はもはやお前のために作物を産み出すことはない。お前は地上をさまよい、さすらう者となる。」

カインは主に言った。
「私の罪は重すぎて負いきれません。今日、あなたが私をこの土地から追放なさり、わたしが御顔から隠されて、地上をさまよい、さすらう者となってしまえば、私に出会う者はだれであれ、私を殺すでしょう。」
主はカインに言われた。
「いや、それゆえカインを殺すものは、だれであれ七倍の復讐を受けるであろう。」
主はカインに出会うものがだれも彼を撃つことのないように、カインにしるしを付けられた。カインは主の前を去り、エデンの東、ノド(さすらい)の地に住んだ。

日本聖書協会 新共同訳聖書 創世記4章1−16節

------------------------------------------------------------


50年程前、『エデンの東』という映画がありました。若くして死んだ青年俳優ジェームス・ディーンの名と共に覚えていらっしゃる年配の方も多いのではないでしょうか。その「エデンの東」という題名は、この聖書の物語から取られています。
 


続きを読む
posted by バルちゃん at 04:20 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。