2013年09月27日

3DCG映画 『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』 感想 レビュー







 3D-フルCG映画『キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK-』を観てきました。生まれて初めての3D映画鑑賞です。

 最近、松本零士氏のアニメ作品をいくつも見直していましたが、ハーロックの映画化の話を知った時に、おそらく特別な意味を持った作品になるだろうと直観し、密かに期待しながら見に行きました。。 結果は期待に違わない、いや、ある意味それ以上だったと言えるかもしれません。

 壮麗なフルCG画面、迫力ある3D映像!。にもかかわらず往年のファンの方々にはきっとご不満の方も多いのではないかと思います。なぜならこのキャプテンハーロックはあらゆる意味において過去の作品のイメージを覆してあまりある作品となっていたからです。ですが、この作品には現代におけるさまざまな事柄に対する貴重なメッセージが多々含まれていると感じましたし、その点においては非常に価値のある内容だったように思います。

 この映画には色々な象徴が込められていると思いますが、現時点で気がついた事を二つ三つ書き留めてみたいと思います。

 なお、このレビューはあくまで個人的な感想を綴ったものに過ぎませんので、未熟な部分等ありましたらどうかお許しください。

 最近の松本作品には「ガイア」、すなわち地球生命、地球意識をテーマにしたものが多いと思います。そして、今この時代において人類が向き合うべき最も重要なテーマの一つはガイアについてだと思いますが、松本先生の作品は近年に近づくにつれて作品の中でガイアについて描かれた部分が大きくなっているのはさすがだと思います。

 ところで、この映画では宇宙には人類以外には知的生命体がほとんど存在しないという設定になっています。おそらく事実は違うと思いますし、過去の松本作品の世界観とも大きく異なっていますが、ここはその食い違いに囚われてしまってはいけないのだろうと思います。
 
  設定に矛盾があることなどおそらく原作者の松本先生ご自身が一番よくご存知でしょう。にもかかわらずあえてそうした設定を使ってきたということは、おそらくその裏に何か重要なメッセージが隠されているのではないかと思います。

 ですので、取りあえずは「そうした設定の中でこの映画のような状況が生じた場合にどう考えるか」という一つのケーススタディとして考察してみたいと思います。

 そうすることで逆に物語の場面と現実の世界の出来事が相似形として理解しやすくなるケースも出てくるのではないでしょうか。

 ※ご注意

 以下の内容は基本的にネタバレ有りで書かせて頂く形になると思いますのでご了承ください。



続きを読む
posted by バルちゃん at 12:16 | TrackBack(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。